仙台の相続問題、税理士に頼ろう - 仙台の相続問題、税理士に頼ろう

HOME » 税理士に聞く相続 » 仙台の相続問題、税理士に頼ろう

仙台の相続問題、税理士に頼ろう

相続

仙台に住んでいる人で相続に困ったら、仙台の税理士に頼るのが1番です。
しかし相続に関する書籍やサイトは山のようにあり、セミナーに足繁く通っているという方もいらっしゃるでしょう。
相続に関する知識に自信があり、税理士に頼む必要はないと感じているかもしれません。

でも素人のにわか知識で対抗できるほど、相続は甘くないのです。

相続した財産には、相続税がかかります。
基礎控除が下げられたことにより、これまで相続税に無関係だった人も深く関わるようになりました。
相続税の申告は必要書類を揃えて、税務署に提出して税金を納めたら済む話です。
でも単純に書類を出して税金を出すだけで済めば、誰も苦労はしません。

相続税に必要となる書類は、申告書・登記事項証明書・固定資産税の評価証明書・実測図・所有株銘柄別一覧表・残高証明書・預金証書などです。
これでもほんの一部で、他にもまだまだ必要となる書類は山のようにあります。

中でも厄介な書類が、申告書でしょう。
申告書は、第1表から第15表まであります。
相続税の申告書は第1表のみで、全て記入する必要はありません。
申告書の書き方は税務署で教えてくれるので、自力で書こうと思えばできなくはありません。
しかし申告書にミスは絶対に許されず、決められた期限内に必ず提出する必要があります。
税金についてほとんど何も知らない人が、ゼロから申告書を完璧に仕上げるのは無理です。

申告書を完璧に期限内に記すには、税理士の力が必要です。

相続税の申告は、書類を準備するだけで終わりではありません。
相続税が幾らかかるのか、計算しなければいけません。
相続税の割り出し方については多くの書籍やサイトで解説されていますが、一度読んだだけで理解をするのは困難です。

そしてもちろん、相続税の計算を間違えることは絶対に許されません。
もし相続税額を実際の額より少なく計算した場合、税務署から痛いペナルティが課せられるので要注意です。

相続税に関する勉強は、しっかり行うのに越したことはありません。
知識がない状態で相続の手続きに挑むよりも、ある程度知識があった方が捗ります。
しかし自分の知識を過信してしまうと、間違った方法で申告してしまう恐れがあるので要注意です。
「自分は絶対に大丈夫」と思っている人ほど、あり得ないミスをしでかすものです。

相続の知識に自信があっても、やはり税理士への相談は必要です。
プロの意見をしっかり聞いた上で、相続の手続きにあたって下さい。