相続に関する相談 - 仙台の相続問題、税理士に頼ろう

HOME » 税理士に聞く相続 » 相続に関する相談

相続に関する相談

相続に関する問題は、被相続人が亡くなったあとに深刻化するケースが極めて多く、もともとの財産の持ち主がいない分解決までに時間がかかることもめずらしくありません。
トラブルを回避するためには、被相続人が生きているうちにしっかりと遺言を残しておくことが一番で、これができていれば相続問題は比較的スムーズに解決します。

しかし、必ずしもすべての遺産相続が遺言によって決められるわけではありませんし、ある日突然被相続人が亡くなり、遺産相続を迫られることもあるでしょう。
トラブルになりやすいのは、もともと家族間のコミュニケーションがあまり円滑にいっていない場合が多いのですが、実は仲が良くても遺産相続をきっかけに裁判まで発展することもあります。
実際にあんなに仲が良かった家族がなぜ相続トラブルになっているのだろう…というケースはたくさんあがっていますし、誰にでも起こりうる問題として認識しておくべきです。

それではなぜ相続トラブルが起こってしまうかと言うと、単純に財産の価値を明確にできなかったり、誰がどれだけ取るのかで揉めるからです。
すべての遺産が現金であれば、相続人へ決められた割合に応じて分配すればいいのですが、遺産は現金だけでなく不動産や動産、権利などたくさんの種類があって、それらの価値をひとつひとつ出すのは素人だけでは難しいのです。

そこで役立つのが税理士で、税理士は相続税について詳しいですから、当然遺産の価値の見極めにも長けており中率的な立場で物事を見れる存在です。
また、そのまま相続税の納付や節税に関するアドバイスや手続きもできるため、最初から最後までスムーズな遺産相続をするならとても頼りになります。
弁護士の場合、法律的な見解でしか対応できませんが、税理士はもっと現場的な見方ができるため、かえって解決は早いと思います。
仙台にも数多くの会計事務所がありますので、相続に関することを専門にしている税理士に相談してみましょう。