税理士を利用するメリット - 仙台の相続問題、税理士に頼ろう

HOME » 税理士に聞く相続 » 税理士を利用するメリット

税理士を利用するメリット

財産を相続する際に専門家と相談しながら進めたいと考える人も多いと思いますが、税理士は弁護士と並んで優先順位の高い専門家と言えます。
そこでここでは税理士に相続の相談や依頼をするメリットは何かお伝えしていきますので、これから遺産相続する可能性がある方は参考にしてください。

はじめに相続するときに税理士に入ってもらう最大のメリットは相続税に関することを引き受けてもらえる点です。
遺産は課税対象となるものですが、どの財産がどれくらい税金がかかるのかを知るためにはその財産の正しい評価ができなければなりません。
たとえば現金のように目に見える財産なら誰でも簡単に分かりますが、財産は必ずしも現金だけではありませんし、そのほかにも土地や建物、マンションやアパート、さらにバイクや自動車、貴金属、骨とう品などあらゆるものが遺産相続の対象になります。
そしてこれらはいずれも相続税の対象になりますので、相続した場合相続税が発生する可能性があります・

現在相続税の対象になるのは総額で3,600万円以上の財産を相続する場合になりますから、これを超える可能性がある場合は迷わず税理士に相談することをおすすめします。
そして税理士は相続税について専門的な見解を示すことが可能で、財産の正しい評価をするためのアドバイスもできます。
加えて書類作成もやってくれますから、遺産相続全般をサポートできる存在なのです。

特に初めて遺産相続するとなると、分からないことのほうが圧倒的に多いですし、適切な税額算定、控除制度の適用など専門的なことは自分たちだけでは難しいでしょう。
ほかにも税理士は税務調査時に対応してくれますので、財産が多く残されているならそれだけメリットが大きいのです。
相続税の申告等は自分たちだけでもできますが、ここまでお伝えしている内容を見ると自分でやるよりも税理士に依頼したほうが効率的かつ確実であることがよくわかると思います。
税理士を利用すると会社設立にもメリットがあります。