節税について - 仙台の相続問題、税理士に頼ろう

HOME » 税理士に聞く相続 » 節税について

節税について

仙台は東北でも屈指の大きなエリアで、遺産相続する際に数多くの財産を引き継ぐ可能性がある人も多いと思います。
財産を相続するときに考えておかなければならないのが相続税についてで、これは相続税法が改正されたため現時点で3,600万円を超えると発生するシステムになっています。
これまでは6,000万円を超えないと相続税がかかりませんでしたが、基礎控除額が大幅に引き下げられたことによって相続税を支払う可能性がある人も多くなりました。

そこでポイントになるのが節税で、これがうまくできると収める相続税の金額を少なくできるため、相続する側のメリットも大きくなります。
節税対策の一例としてひとつあげると、たとえば被相続人が6,000万円の現金を保有した状態で亡くなり、それを相続するのと6,000万円でマンションを購入して亡くなり、それを相続するのとでは納める相続税は大きく変わってきます。
同じ6,000万円なのにどうして変わってしまうのかと言うと、現金の場合はじめから評価額が目に見える状態なので、それ以上にもそれ以下にもなることはありません。
しかしマンションのような不動産の場合、減額要素を見つけることで相続税評価額を下げることができますから、大きな節税効果が期待できるのです。

こういった節税対策は税理士に依頼するのが一般的で、中でも遺産相続や不動産に詳しい専門的な税理士に依頼することをおすすめします。
税理士にもいろいろな種類があって、会社設立など法人に関わるのをメインにしている人もいれば、遺産相続を専門的に扱っている人もいるので、その場に合った人を選択することが大切です。
この点は会計事務所に直接問い合わせれば教えてくれますし、最近ではインターネット上でたくさんの情報を集められますしメールなどで無料相談もできますから、まずは近くの会計事務所がどれだけあるのか調べて、その中から候補をピックアップしていくといいでしょう。