税理士に聞く相続の記事一覧 - 仙台の相続問題、税理士に頼ろう

HOME » 税理士に聞く相続

税理士に聞く相続

相続で必要な税理士と通帳のこと

税理士

相続の問題解決のプロフェッショナルと言えば、税理士です。
相続の際には、やはり気になってくるのが税金のことなのではないでしょうか。
国も相続の際には、税金をしっかり支払うように仕向けてきます。
もちろん、これは法律で決まっていることなので、国民は申告と納税が義務です。
しかし、人によっては、その納税に関して知識がない方も多いでしょう。
被相続人が亡くなってから、いきなり「税金を支払ってください」と言われたところで、何もできないという方が実はほとんどです。
もちろん、申告をしない限り税金が確定するということはありません。
しかし、申告をせずに黙って相続を受けるということもできません。
つまり、相続を受けるなら、申告と納税も合わせて行うことが必要となってきます。
国ももちろん鬼ではないので、3,600万円までは控除されます。
つまり、それ以上の資産や財産がある場合にだけ、納税が必要となるということです。
その点も含め、知らないと損をすることが多いので、注意をしておきましょう。

相続のトラブルや問題で、多々あるのが通帳のことです。
国は不正による相続を防ぐため、トラブルや問題を避けようと色々なことを行っています。
その一環として行われているのが、通帳の確認です。
通帳を確認することで、正しく相続できているのかということはもちろん、相続の際に必要となる税金などがどれくらいなのかもしっかりと判断します。
もちろん、人によっては「なぜ通帳まで見せなくてはならないんだ」と思うかもしれません。
ただ、これも必要なことであることは紛れもない事実なのです。
そういう場合に備えて、トラブルや問題を防ぐべく、税理士などに相談するのが良いです。
税理士は色々なトラブルや問題に対処してきた実績も経験もあり、相続の際にはとても心強い味方になってくれます。
それは、やはり魅力も大きいと言えるのではないでしょうか。
事実、税理士を使えば相続の税金に関することは、すべてカバーできます。

税理士の質によっても違ってきますが、税理士は資格を有している方たちであり、専門知識もとても豊富です。
だからこそ、より安心して相談することができるというわけです。
もちろん、トラブルや問題の形は人によって違ってきます。
そこを理解して、相談に乗ってくれる税理士を見つけていくことが必要となるでしょう。
特に通帳関連はもちろんですが、税金のことで悩む方も多いです。
申告から納税までサポートしてくれる税理士は、とても頼りになることでしょう。

仙台の相続問題、税理士に頼ろう

相続01

かつて相続税は、お金持ちだけの専売特許でした。一般庶民には関係のない話で、相続税の「そ」の字に触れずとも特に何の影響もありませんでした。しかし2015年に法律が改正されたことにより、相続税に関係がなかった人にも支払い義務が発生する確率が高くなりました。
財産は種類ごとによって、価値や決め方がかわります。そこで利用したいのが、税理士への相談です。仙台では相続税の相談を無料で承っている税理士がいるので、上手く利用しましょう。

相続の相談は税理士事務所だけでなく、自治体や施設で実施されることもあります。仙台では相続に関するセミナーも開催されており、利用しない手はありません。相続税に関するイベントも随時開催されており、利用する方も大勢いらっしゃいます。
しかし相続税は、他の税金と比べるとシステムはものすごく複雑です。しかもプライベートな部分にまで深く入り込むことなので、セミナーに参加したところで問題解決にはなりません。税務署でも無料相談を受け付けてくれますが、適切なアドバイスが貰える確率は低いです。的確なアドバイスを貰うためにも、税理士事務所が実施している無料相談を使いましょう。

では相談相手となる税理士を探すには、どうすれば良いのでしょうか。1番確実な方法は、知人の紹介でしょう。知人の紹介となれば信用もできるので、相続税の相談をするにはもってこいの相手です。
またネットで、税理士事務所を調べる手もあります。「仙台・税理士」と検索するだけで、数多くの税理士事務所がヒットするでしょう。しかし税理士事務所の中には、法人に強い所と個人に強い所の2種類あるので要注意です。「税理士」と看板を掲げている所でも、企業に強い税理士では対処してくれないかもしれません。

税理士との相談は無料になっている所もあれば、お金を取る所もあります。初回だけ無料で次回は有料という所もあるので、要注意です。また時間制限をかけているので、モタモタ相談している暇はありません。相続税の何について相談したいのかを予め考え、資料を準備しておきましょう。特に用意しておきたいのは、財産に関係する資料です。財産が幾らのこされているかによって、相続税は大きく変わります。さらに借金額や葬式にかかった費用も、まとめておきましょう。
準備ができたら、いよいよ税理士との対面です。税理士と実際に話した上で、任せられると判断すれば契約へと移ります。もし少しでも不審におもったのなら、別の税理士をあたることをおすすめします。

仙台の相続問題、税理士に頼ろう

相続

仙台に住んでいる人で相続に困ったら、仙台の税理士に頼るのが1番です。
しかし相続に関する書籍やサイトは山のようにあり、セミナーに足繁く通っているという方もいらっしゃるでしょう。
相続に関する知識に自信があり、税理士に頼む必要はないと感じているかもしれません。

でも素人のにわか知識で対抗できるほど、相続は甘くないのです。

相続した財産には、相続税がかかります。
基礎控除が下げられたことにより、これまで相続税に無関係だった人も深く関わるようになりました。
相続税の申告は必要書類を揃えて、税務署に提出して税金を納めたら済む話です。
でも単純に書類を出して税金を出すだけで済めば、誰も苦労はしません。

相続税に必要となる書類は、申告書・登記事項証明書・固定資産税の評価証明書・実測図・所有株銘柄別一覧表・残高証明書・預金証書などです。
これでもほんの一部で、他にもまだまだ必要となる書類は山のようにあります。

中でも厄介な書類が、申告書でしょう。
申告書は、第1表から第15表まであります。
相続税の申告書は第1表のみで、全て記入する必要はありません。
申告書の書き方は税務署で教えてくれるので、自力で書こうと思えばできなくはありません。
しかし申告書にミスは絶対に許されず、決められた期限内に必ず提出する必要があります。
税金についてほとんど何も知らない人が、ゼロから申告書を完璧に仕上げるのは無理です。

申告書を完璧に期限内に記すには、税理士の力が必要です。

相続税の申告は、書類を準備するだけで終わりではありません。
相続税が幾らかかるのか、計算しなければいけません。
相続税の割り出し方については多くの書籍やサイトで解説されていますが、一度読んだだけで理解をするのは困難です。

そしてもちろん、相続税の計算を間違えることは絶対に許されません。
もし相続税額を実際の額より少なく計算した場合、税務署から痛いペナルティが課せられるので要注意です。

相続税に関する勉強は、しっかり行うのに越したことはありません。
知識がない状態で相続の手続きに挑むよりも、ある程度知識があった方が捗ります。
しかし自分の知識を過信してしまうと、間違った方法で申告してしまう恐れがあるので要注意です。
「自分は絶対に大丈夫」と思っている人ほど、あり得ないミスをしでかすものです。

相続の知識に自信があっても、やはり税理士への相談は必要です。
プロの意見をしっかり聞いた上で、相続の手続きにあたって下さい。

仙台で相続に強い税理士を探す

仙台で相続に強い税理士を探すなら、どんなことがポイントになるでしょうか?
遺産相続をする場合、まずチェックしなければならないのが遺産がどのくらい残されているかで、その評価額によっては相続税が発生する可能性があります。
現在相続税は3,600万円以上の財産を相続する場合にかかってくるものとなっているため、土地やマンション、アパート、農地、山林といった不動産など大きな財産を引き継ぐとなると相続税がかかる可能性も高くなります。
≫ 『仙台で相続に強い税理士を探す』

相続税の申告に必要な書類

遺産相続で総額3,600万円以上の財産を相続する場合、相続税が発生し、その申告をしなければなりませんが、その際に必要な書類はどんなものだと思いますか?
相続税の申告の際には税理士に依頼するのが一般的で、おそらく税理士から用意すべきものの指示があると思いますが、あらかじめ把握しておくとよりスムーズな相続税の申告ができます。
≫ 『相続税の申告に必要な書類』

税理士にかかる費用

仙台で遺産を相続する場合、税理士に相続税に関することを相談しながら進める人も多いと思いますが、相続税に関する手続きをするとなるとどのくらい費用がかかるのでしょうか?
ここでは相続税に関する手続きの費用の相場を紹介していきますので、これから遺産相続を控えている方やその可能性がある方は参考にしてください。
≫ 『税理士にかかる費用』

相続トラブルには税理士

遺産相続は何事もなくスムーズに進むのが一番いいのですが、中には長引くトラブルに発展するケースもあります。
家族が亡くなって悲しみに暮れる間もない状態で遺産分割協議をしなければならないため、そこから相続トラブルになってしまうと精神的にも肉体的にも大きく疲弊してしまうでしょう。
また、これまで仲良くしていた家族も相続トラブルによって疎遠になってしまう可能性が高いですからできれば回避したいというのが本音だと思います。
それでは相続トラブルを回避するためにはどうすればいいのでしょうか?
≫ 『相続トラブルには税理士』

相続に関する相談

相続に関する問題は、被相続人が亡くなったあとに深刻化するケースが極めて多く、もともとの財産の持ち主がいない分解決までに時間がかかることもめずらしくありません。
トラブルを回避するためには、被相続人が生きているうちにしっかりと遺言を残しておくことが一番で、これができていれば相続問題は比較的スムーズに解決します。
≫ 『相続に関する相談』

節税について

仙台は東北でも屈指の大きなエリアで、遺産相続する際に数多くの財産を引き継ぐ可能性がある人も多いと思います。
財産を相続するときに考えておかなければならないのが相続税についてで、これは相続税法が改正されたため現時点で3,600万円を超えると発生するシステムになっています。
これまでは6,000万円を超えないと相続税がかかりませんでしたが、基礎控除額が大幅に引き下げられたことによって相続税を支払う可能性がある人も多くなりました。
≫ 『節税について』

不動産の相続

仙台のような大きな街では、遺産相続の際に不動産を引き継ぐところも多いと思いますが、不動産を相続するときに非常に頼りになるのが税理士の存在です。
一般的に遺産相続と聞くと弁護士を想像する方もいるかもしれませんが、相続する財産の価値が高くなれば相続税が発生しますし、不動産の場合は現金のように目に見える評価がはじめからされているわけではないので税理士に依頼することのほうが多いのです。
≫ 『不動産の相続』